最適価格を保証します

ご到着日 ご出発日


スペシャルサービス

Early booking with best price
Early booking with best price
Early Booking Offer: Book early and Save now!
Florence Hotel Park Palace offer a special deals with discount on advance and prepaid booking: will get a 10% discount on our best price.

Book now your visit to Florence city and[...]

ガリレオ・ガリレイ

1564年2月15日フィレンツの貴族の家に生まれる。 1574年フィレンツェにて、おもに文学・芸術関係の高い教育を受けるが、経済的に困窮したガリレイ家の再興を父に託され、医学の道を強いられる。こうして1581年にはピサ大学に入学。 この頃、ピサのドゥオモで揺れるランプを見て「振り子の等時性」の法則を表す。1585年になんら学位を取得しないままフィレンツェへと戻る。ここでは“Theoremata circa centrum gravitatis solidorum”を著し、また流体静力学の考察に至る。 1589年ピザ大学にて数学の教授の座を得る。 この頃、父の死により家計の責任を担わされ、経済状態はますます悪化。1592年には収入および就労状態の改善を望んだ末に、パドヴァ大学の数学教授への就任が叶う。この地にはその後18年間留まり、ガリレオにとって生涯で最も幸福な時期と考えられている。 私生活の面で言えば、この時期にはヴェネチア出身のマリーナ・ガンバと同棲し、一男二女をもうけている。 1609年には望遠鏡を再発見・完成させ、天体現象を観測。月のクレーター、木星の4つの衛星(メディチ家の星と名付けられる)および未確認天体の特定など一連の発見をなした。
これらを「星界の報告」において国際科学界に発表。数学の第一教授およびトスカーナ大公付哲学者に任命されることとなり、教職に時間を割かれることなく相応の収入が得られるようになる。
同年、土星の環、太陽の黒点、金星の満ち欠けを発見する。
当時の天文学者および数学者の多くから多大な賛同を得て、1611年にフィレンツェへと帰還。これらの発見は伝統を重んじる科学者らとの間に厳しい対立を生むこととなるが、解説を施すために訪れたローマではローマ学院のイエズス会士らの称賛を得る。 しかし、異端訊問所からは異端の嫌疑をかけられることとなる。
かの有名なコペルニクス書簡にて、科学と信仰のあいだに限界を設けざるおえない立場の某イエズス会士と直接論争となる。 こうして1616年2月24日には有力な友人らの擁護にもかかわらず、ベッラルミーノ枢機卿よりカトリック信仰に反する地動説を唱え続けるならば投獄も免れないとの勧告を受ける。
苦悩しつつも所信を曲げず挑発的な内容の傑作「贋金鑑識官」を著し大いに成功を収めるが、再び物議をかもすこととなる。

1624年には「天文対話」の創作に着手するが、その革新的な内容はただちに異端訊問所の反感を買うこととなる。著作は没収され、ガリレオは至急ローマへと召喚。異端の嫌疑で起訴され、教会の命令に背いたとし有罪判決を受ける。

ガリレオの拘留刑を形式的なものとされ1633年に閉廷。これはガリレオの世界的な名声と自身の屈従した態度によるのもであり、当初はシエナへ、その後はフィレンツェ近郊のアルチェトリの邸宅へと追放され、ここで1642年1月8日にその生涯を閉じる。
1736年になってやっとフィレンツェのサンタ・クローチェの聖堂にガリレオの遺留品が安置された。