最適価格を保証します

ご到着日 ご出発日


スペシャルサービス

Early booking with best price
Early booking with best price
Early Booking Offer: Book early and Save now!
Florence Hotel Park Palace offer a special deals with discount on advance and prepaid booking: will get a 10% discount on our best price.

Book now your visit to Florence city and[...]

観光スポット ピッティ宮

ピッティ宮の歴史はウフィッツィ美術館と関連が深い。双方ともメディチ家権勢下において築かれた所以である。ピッティ宮はアルノ川南岸に建ち、丘陵部の斜面にはボーボリ庭園が広がっている。ピッティ宮の建設はフィレンツェでも指折りの豪商ルーカ・ピッティにより依頼され、1457年ごろ着工された。建築家の名は明らかではなく、一般的にはフィリッポ・ブルネレスキ作と見なされているが、レオン・バッティスタ・アルベルティ作との説もある。建築当時はフィレンツェで最も広大かつ豪華な邸宅であった。メディチ家のライバルであったルーカ・ピッティが、メディチ家以上の邸宅を持ちたいと望んでいたのだ。1469年ピッティ家はこの豪邸に居を構えたが、わずか3年後にルーカ・ピッティが逝去。その後ピッティ家は斜陽を迎え、1550年にコジモ・デ・メディチの妻エレオノーラ・ディ・トレドがピッティ宮を買い取った。こうしてピッティ宮はメディチ家の邸宅となり、1560年に建築家アンマンナーティにより、3階建建築が囲む壮大な中庭を盛り込んだ拡張工事が開始された。1565年にヴァザーリにより、ピッティ宮とウフィッツィ美術館をつなぐためポンテ・ヴェッキオを通過する“ヴァザーリの廊下”がアルノ川対岸上に建設された。現在のピッティ宮内に見られる豪華なバロック装飾の大半は17・18世紀に施されたもので、特に偉大な画家で建築家であるピエトロ・ダ・コルトーナが手がけている。天井を彩るフレスコ画の幾点かも彼の手によるものである。1737年メディチ家の権勢が衰えると、アンナ・マリア・ルイーザ・デ・メディチは一族が収集した美術品の一切をフィレンツェ市所有とするよう取計らった。これがウフィッツィとピッティ宮が美術館へと変容を遂げる第一歩となったのである。ピッティ宮が美術館として一般に公開されたのは1833年。ピッティ宮には主として16〜18世紀の作品が展示され、また施設内の華麗な装飾にも同時代の好みが反映されている。一方、外部装飾の大半は前時代のものである。ピッティ宮内には多数の美術館・博物館が置かれており、500点の絵画を所蔵する絵画館はパラティーナ美術館として公開され、代表的な画家としてはサンドロ・ボッティチェッリ、ラッファエッロ・サンツィオ、ルーベンス、ティントレット、ティツィアーノらの作品が見られる。近代美術館には18〜20世紀のイタリア人アーティスト(大半はトスカーナ出身)の作品が、また銀器博物館には貴金属品コレクションが収蔵されている。その外、衣装博物館も一見の価値がある。