最適価格を保証します

ご到着日 ご出発日


スペシャルサービス

Springtime in Florence
Springtime in Florence
If you book 4 nights at Park Palace Hotel in Florence, the last night is free. Don't miss this chance to enjoy an unforgettable stay in our beautiful city!

Reservation is prepaid, non-refundable, non-erasable.
Last Minute Offer
Last Minute Offer
Florence Hotel Park Palace has always last minute offer for who decides to come to Florence at “last minute”.
Book last minute offer and SAVE 10%
Hotel Park Palace have large and bright rooms, all tastefully furnished,[...]

観光スポット ポンテ・ヴェッキオ

ポンテ・ヴェッキオはフィレンツェで最も古く名高い橋であり、ローマ植民地時代にはエトルリア人の手により築かれていたと推定される。当時、アルノ川で船着き場として利用されていた最も川幅の狭い区域に、石柱に木製の橋を架けたのがポンテ・ヴェッキオの始まりであった。1117年、1333年と頻発する洪水によりポンテ・ヴェッキオは倒壊と再建を繰り返し、遂にはネーリ・ディ・フィオラヴァンティとダッデオ・ガッディによって石造りの橋へと生まれ変わる。幅広な橋の両側にはそれぞれアーケードが設けられ、たちまち43店舗が軒を連ねるようになった。当初は肉屋や八百屋が立ち並んでいたが、後の16世紀末に大公フェルディナンド一世の命により橋の品格を高めるため、これら食料品店は貴金属・宝飾店へと取って替えられた。17世紀頃になると店の奥に倉庫室も据えられ、店舗賃貸料の利益から橋の改築が着手された。ポンテ・ヴェッキオはドイツ軍による爆破を逃れた橋でもある。町への出入りを封鎖するために、ドイツ軍は周辺区域すべてを破壊したのだった。また、記憶に残るアルノ川の大氾濫は店舗や近隣区域に大きな被害を与えた。今日なおポンテ・ヴェッキオはフィレンツェの町のシンボルとして存在しているが、当初は川を渡るためだけのものであり、それが道として広場としての形態を早急に担っていったのである。