最適価格を保証します

ご到着日 ご出発日


スペシャルサービス

Early booking with best price
Early booking with best price
Early Booking Offer: Book early and Save now!
Florence Hotel Park Palace offer a special deals with discount on advance and prepaid booking: will get a 10% discount on our best price.

Book now your visit to Florence city and[...]

フィレンツェ大聖堂

フィレンツェのドゥオモは、幾世紀にも渡り幾人もの手を経て仕上げられた賜物である。設計は13世紀末にアルノルフォ・ディ・カンビオにより手がけられ、フィリッポ・ブルネレスキがルネサンス形式のクーポラを制作、ファサードは19世紀末に造られた。内部は2つの聖具室や16世紀の大理石の床、パオロ・ウチェッロやアンドレア・デル・カスターニョ作のフレスコ画で彩られている。1412年にサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂と名付けられた。1375年に倒壊された旧聖堂サンタ・レパラータ跡地に建設されているため、ドゥオモ地下では今なお2つの鐘楼を持ち現在の大聖堂に比べれば遥かに小規模なこの旧聖堂の一部を見ることができる。1293年にフィレンツェ共和国はサンタ・レパラータ大聖堂に代わる壮麗豪華な現大聖堂の建設を開始し、全市民が「ドゥオモ建設」のために一定額を遺贈するように義務づけられた。アルノルフォ・ディ・カンビオが手がけたのは1296年から没年の1302年までで、当時はゴシックが主流であったにもかかわらず主祭壇に通ずる三廊式の設計がなされている。アルノルフォ・ディ・カンビオは2つのスパンと新ファサードを制作し、彼の死後はジオットが鐘楼建設を担当、その後は1348年の人口を半減させたペスト襲来まで、洗礼堂南門の作者であるアンドレア・ピザーノが制作を引き継いだ。1349〜59年にはフランチェスコ・タレンティが鐘楼を完成させ、新たに正方形スパンで仕切られた身廊と長方形の2つの側廊を設計した。1370年頃には建築はほぼ完成し後陣の制作も順調に進み、1375年にはサンタ・レパラータ大聖堂が完全に取り壊され、ドゥオモことサンタ・マリア・デル・フィオーレはフィレンツェの新たな大聖堂となる日を待っていた。